第10回 「ツブされた」日本ドローン普及年

日本国内でオリンピックをターゲットに進めてきた、
ある技術のひとつが「ドローン」技術です。

 

もともとドローンとは「無人航空機」のことです。

 

ドローン(drone)は聞こえる音から「オスバチ」
を連想してつけられた「通称」です。
元々軍用に無人偵察や攻撃用として使用していました。

後に複数のプロペラを有する機体が登場し、 現在は農業や産業用に研究が進められています。

 

その目玉が、東京オリンピックでお目見えする予定でした。

 

2人乗り無人運転ドローン・タクシーです。

エンジンに電気モーターを使うドローンは動力が
「燃料」から外れる可能性を持っていました。