第27回 技術を人のために!

技術は人を救うためにある
だが収益を考えなければ この世界では続けられない。

…ならばいつの日か、必ず「財団」を作り利益を求めず
技術で人を救う、人に幸福をもたらす仕事をしたい

そう思ったのです。

ガキっぽい夢だと先輩経営者に言われました。
やれるならやってみろと数人から笑われました。

でも誰かが始めないと、今の仕組みから出られないのです。

誰かが始めないと…。お金は常に大きな問題です。
経済の回転には通貨がつきまとうからです。

ならば、その通貨そのものを「技術」で作ってしまったらどうか?

金で苦しむ仕組みを、私は変える準備を始めたのです。