第36回 「えんとつ町のプペル」を観て

西野亮廣(にしのあきひろ)さん原作の絵本の3Dアニメです。

予告編を観たとき「またお子様向け」正月アニメか?
…と思っていました。

一番近い映画館で、正午から1時間50分ほど経過した後、
私はすっかりこの映画に魅了されて いました。

「希望」を持ち続けることのむずかしさ。
そして「希望」を「実現」する代償
…大人が正しいと信じる「善意」が、あるとき「支配」に変わる恐怖。

この絵本(映画)は、現代の大人こそ観るべき…そう思いました。

子供が大人に変わるとき、それは何がきっかけに
なって変わるのでしょう。

私は「子供時代」の夢や希望を「諦める」ことが大人になることだ
…とは思いません。

でも、子供時代の「夢」を大人になった今、皆さんは大声で言えるでしょうか?

この映画はこう訴えていました。

信じぬくんだ。たとえひとりになっても