第51回 技術の進むべき方向とは(2)

その答えは「自然の理解」です。

 自然の中に作り出した人類の技術が、自然と協調できず
自然を破壊したり、大量に生物の命を奪うなら、その技術は
間違っています。

自然は素直に求めさえすれば、必ず答えを返してくれます

私たちにできることが世の中の頭脳にできない筈はありません。

それでもできないなら、それは能力の問題では無く、
別の理由があるからです。

技術は、100万年待っても起きない事を、
毎回起こる ようにする
こと』です。

「誰のための技術」なのか…
という問いを、私は今も、持ち続けています。