第18回 「財団が主導する」エクボ技術開発(1)

エクボには「20年」に渡って皆様に提供して
きた技術とそれを支えるノウハウがあります。

しかし、エクボが培ったそれらノウハウも世のために
共有されなければ
、私たちだけのものとして、いずれ
失われてしまうでしょう。

 BUP(ビルドアッププロジェクト)を始めた最大
の理由は、財団が、保有するノウハウを希望者には、
可能な限り渡していく
ためです。

無論、私たちがまだ持っていない技術もあるでしょう。

そんな時は必要な技術やノウハウを補充し、
更にそこで 生まれた技術やノウハウを
会員希望者へ渡していくのです